読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリゲとsteam一言レビュー

レビューのないゲームより、一言でもレビューのあるゲームの方がとっかかりやすい。

【steam】One Shot

steam

≪タイトル≫ One Shot(わん しょっと)

≪ジャンル≫ 探索ADV

≪日本語化≫ 不可

≪お値段≫  980円

≪一言≫   ストアページのSSを気に入ったのなら買い 絶対にネタバレは避けてプレイしよう

 

One Shotは主人公のNikoくんを操作して薄暗い世界に光を取り戻すためにうろうろする探索ADV。

f:id:game_honey_game:20161224131139p:plain

この猫耳少年がNikoくん。

なお彼は猫ではなく人間だ。お間違え無きよう。

え?Nikoくん可愛い?

じゃあ絶対にこのゲームを買うべきです。

え?ストアページSSに出てくる他のキャラや世界も可愛い?

もう本当にこのゲームを買うべきです。

語りたいことはたくさんあるのにすべてがネタバレに繋がってしまう……のでたぶんネタバレ用記事も書きます。

キャラクターも世界もストーリーも何もかもよかった。

One Shotの意味を知った時は思いっきり泣いてしまいました。

 

ゲーム内容としては手に入れたアイテムを組み合わせて使用することで先に進んでいくオーソドックスな物。

謎解きは難しいほうだと思う。

なんとかノーヒントでクリアできたけど、悩みまくってすごい時間かかった。

一周だけですでに10時間やってる(こんなにプレイ時間が伸びているのには特別な理由もあるのですが)。

今年プレイしたゲームの中ではundertaleに並ぶレベルで素晴らしかったゲームなので、是非プレイしてみてほしい。

というかundertaleが好きな人は絶対好き。どことなく雰囲気が似ている。

海外では割と有名なフリーゲームの完全版という位置づけらしく、中途半端にフリー版をやってしまうと感動が薄れるみたいなのでやるなら是非steam版を。

 

注意点としては、全編英語なところ。

日本語化パッチも出ていません。

けれど当初日本語対応とか書かれてたりDEGICAが関わったりしているのでいつかは日本語対応されるんじゃない?(希望的観測)

テキストは任意のタイミングで送れるし、文法も優しいものばかり。

謎解きも割と英語が読めなくても何とかなる。

ただ、テキスト量がそこそこあるので全部読もうとなると生半可な英語力では結構大変。

それでも!やってほしいと!自信をもって言える!!

 

プレイする際は必ず辞書とまとまった時間を用意して起動しよう。

また、ゲーム内の説明書にもかいてあるけれどフルスクリーンではなくウィンドウモード推奨です。

あと、初見プレイで生配信しようと思ってる人は気を付けてね。

何に気を付けてほしいかはネタバレになるので書けませんが、5分もプレイすればわかるでしょう。

 

さあ、キミもNikoくんとこの薄暗い世界を、廻ろう!