読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリゲとsteam一言レビュー

レビューのないゲームより、一言でもレビューのあるゲームの方がとっかかりやすい。

【フリゲ】LISA

≪タイトル≫ LISA

≪製作者≫  Dingaling Productions 様

≪ジャンル≫ シュールADV

≪ツール≫  RPG Maker 2003

≪一言≫   狂気の中に渦巻くやるせなさと悲しさ

≪DL≫      Lisa "The First", an indie Adventure game for RPG Tsukuru 2003 :: rpgmaker.net

      (右上のDownload Nowのボタン)

 

LISAは海外のフリーゲームだが、一言で表すなら狂気だ。

私は様々なおっさんが出てくるのでおっこれ(おっさんこれくしょん)と呼んでいる。

お気に入りはファンシーおじさんとおじさん(アローラのすがた)です。

気になる?よしやろう!

 

f:id:game_honey_game:20170227225816p:plain

耐えられるかこの狂気に。

巷では「ゆめにっき」+「mother」+「マッドマックス」とか称されてる。

確かに荒唐無稽に広がる世界、インベントリはゆめにっきだし、画像にある金の像なんてマニマニの像にしかみえない。

マッドマックス色はまだ薄い。マッドマックスなのはこれの続編。

そんな三作品を混ぜた結果とんでもないものができてしまった。

私は妙にハマってしまい周回要素もないのに4周くらいプレイしている。

 

ろくでもない親父のいる家から少女は逃げ出すが、外の世界はどうもおかしい。

そこかしこが狂気にまみれていた。

少女は下品で、汚くて、恐ろしい外の世界を、拾ったアイテムを使って探索していく。

 

少女はどういった存在なのか?

おじさんとの関係は?

この世界は何なのか?

彼女の集めるビデオテープとは?

 

考察好きには是非お勧めしたいゲームです。

ただ大変下品で不快な表現が多々出てくること、全編英語であることがネックかもしれない。

ですが英語はとても簡単な文法しか使われておらず、翻訳してくださっているサイトも存在するので大丈夫!

問題は表現に耐性があるか。しかしこの下品さこそがLISAの魅力。

是非プレイして衝撃を受けてほしい。

 

ちなみにLISAは全部で三作品あり、これは「LISA the First」と呼ばれる一作目にあたります(フリーゲーム)。

二作目「LISA the Painful」三作目「LISA the Joyful」はsteamでリリースされており、たまーに50%オフくらいやってます。

まだ積んでるのでそろそろやらなきゃ。

 

さあ、キミもおっさんこれくしょん、しよう!