読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリゲとsteam一言レビュー

レビューのないゲームより、一言でもレビューのあるゲームの方がとっかかりやすい。

【フリゲ】クトゥルフの弔詞

≪タイトル≫ クトゥルフの弔詞(くとぅるふのちょうし)

 

≪製作者≫  猫ノ事ム所 様

≪ジャンル≫ ノベル

≪ツール≫  吉里吉里

≪一言≫   ぐいぐいと引き込まれ一気に読んでしまうシナリオ 特にクトゥルフ初心者にお勧め

≪DL≫      クトゥルフの弔詞 〜夢声慟哭〜の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

ここ数年かなりメジャーになってきたクトゥルフ神話

「気になるけどどこから入ったらいいかわからない……」そんな方にお勧めなのがこの『クトゥルフの弔詞』。

f:id:game_honey_game:20170326144635p:plain

クトゥルフ神話を詳しく知りたいのなら原典の小説を読むのが一番ですが、とにかく読みにくい。

図書館に行けば置いてあるでしょうが、とにかく文章が難解でひねくれていて読みにくいのです。

ですがこのゲームはそんなよみにくいクトゥルフ神話をベースにし、雰囲気もたっぷりなのにとても読みやすいのです。

ノベルゲームが苦手な人でも苦痛ではないと思います。

 

儲からない探偵をしている主人公のもとに送られてきたのは9つのメモが入ったフロッピーディスク

このメモを書いた人物を探し出してほしいという言葉とともに、手付金が入っていた。

主人公は手付金のあまりの額に、渋々調査をするが……といった導入。

この9つのメモが、少しビジュアルが凝っていて面白いんです。

メモの内容も、クトゥルフ神話を知らない人なら「どういったことなんだろう」と先が気になりますし、知っている人なら「あの邪神やな」とニヤニヤします。

 

ゲームを進めていると、盛り上がるシーンでテキスト入力を求められることがあります。

その答えはクトゥルフ神話を知らなくても、ゲームをプレイしていれば自然とわかるようになっています。

平凡な日常がじわじわと何かに浸食されていく恐怖。

目まぐるしく変わる状況。

夢か現かもわからない冒涜的な惨状。

クトゥルフ神話の醍醐味が短い時間にギュッと凝縮されており、それでいて難解ではないのでクトゥルフ初心者の方にぜひプレイしてほしい作品です。

3時間程度でクリアできると思いますが、クリックする手が止まらない。

 

え?プレイしてみた?

ラストの解釈がわからない?

○○○って単語はどういう意味なの?

もしも気になったのなら、是非調べてみてください。

そうしてずるずると他のわからなかったことなんかを調べていけば、ようこそクトゥルフ神話の世界へ。

クトゥルフ中級者としての一歩を踏み出したわけです。

 

さあ、キミも訪求、しよう!